ソフトボール上達練習法研究会では、DVD教材と用品の販売、直接指導を行なっています。

〒491-0861 愛知県一宮市泉2-11-3

【DVD】ソフトボール ピッチャー育成応援パッケージ

すでに3,800名が学び支持者の多い伝説のピッチング指導法

「何とか効率よくピッチングを上達させる方法はないものだろうか?」
「うちのチームが強くなれたら…」
「自分自身のピッチング上達への近道が知りたい!」
あなたがもし、ソフトボールのピッチングの指導について悩んでいるのなら、
今すぐにこの手紙を最後まで読んでみてください。
すでに3,800名が学び支持者の多い伝説のピッチング指導法
たったそれだけで…?
選手のピッチングは見違えるほど上達するはずです。


藤原初男 伝説のソフトボールピッチャー育成法!

「ピッチング 基礎編」初めてソフトボールを持つ子どもへの指導法

「ピッチング基礎 Q&A編」指導者から寄せられたピッチングの質問に答えた内容

「ピッチング リリース編」各球種のリリースポイントを習得して、オリジナルの変化球を投げる

「誰でも7か条で剛腕になれるピッチング上達法」ピッチングのメカニズムを解明したわかりやすいピッチングの理論と練習法


ソフトボールのピッチャー指導でお悩みの方はこのページを是非、最後まで熟読してください。

全国の指導者の皆さんからいただくメールの質問内容を見ていますと、「守備とバッティングは何とか指導しているけれど、どうしてもピッチャーだけは教えることができない」という声をたくさん伺います。

指導者自身が野球やソフトボールの経験があっても、ソフトボールのピッチャーを経験したことがある方以外はなかなか「ソフトボールのピッチング」は教えられるものではないというのが現状です。

たとえピッチャー経験者であっても、また、自分が投げることができても、指導はむずかしいというケースもたくさんあります。

現在、投法の主流はウインドミル投法ですが、そのウインドミル投法のピッチャーを育てる上で、多くの指導者が頭を抱えて悩んでおられた内容には以下のようなものが挙げられます。


● ピッチング時の手首の使い方や体の使い方がわからない。
●  「体を使って投げなさい」と指導しているが、実際はどこをどうすればよいのかわからない。
● 腕だけで投げてしまってコントロールがつかない。腕投げにならないためには どうしたらよいのか?
● ボールのスピードはあるがコントロールが悪い。その修正の仕方がわからない。
踏み込んだ足に体重がのらない。けり足をどう使ったらいいのかわからない。
● ブルペンではとてもいいボールを投げるけれど、バッターが立つとストライクが入らない
● 右ピッチャーが投げるインコースのボールがいつも甘くなり打たれてしまう。どうしてだろう?
● 変化球を投げさせるようになったら、ストレートが走らなくなってしまった。原因は何だろう?
● 選手には本やネットで知った知識で指導しているが、自分の確たるピッチング理論がない。


このような悩みを毎日のようにたくさん聞いています。

それで、結局、わからないまま、何もしないまま、ピッチング練習だけさせておくケースが多いのが現状です。

また、本やネット、講習会、ピッチャー経験者から得た知識をそのまま教えてしまって、指導に一貫性がないために、ピッチャーが混乱し悩み迷ってしまうケースがとても多いです。


ピッチャーの成長レベルより、実戦を重視するため、基本のストレートがまだ完璧に投げられないのに、チェンジアップやドロップ、ライズボールといった変化球を教えてしまい、ストレートのボールが遅くなり、最終的には伸び悩んだままで大会を向かえてしまう。恐ろしい話ですが、これが現状です。

ここまで読んでいただいて、うちのチームでは、そんなことはあり得ないという上級レベルのチームの方、上級レベルのチームを指導されている方は、ここから先は読まないでくださいね。


さて、この藤原流ピッチング理論を指導者の皆さんにご提供しようと思った理由。

それは、かつて私たち自身が教育現場でいろんな悩みを感じていたからです。

特に学校という組織では、校務分掌というもので部活の顧問などが振り分けられます。そうなると、指導者としては以下の2通りに分かれるのです。

1つ目:自分がわからないから力を入れない。
2つ目:わからないなりに一生懸命努力する。

生徒たちにとって、どちらが不幸かというと…

まず1つ目が不幸です。部活の顧問の先生に意欲がないから、自分たちでやるしかない。

次に2つ目も不幸です。なぜなら、指導者がわからないなりに努力をすることは良いことではあるけれど、
指導書の完全な受け売りになってしまって、選手個々の身体の特長や運動能力とマッチしない指導になってしまいやすいのです。

それと、正しい基本動作が指導できなくて、初めから悪い癖がついてしまう場合がとても多いです。

こんな不幸がないように、藤原初男氏や私の経験を「単なる経験」で終わらせることなく、指導者の皆さんに是非、活用していただきたいという思いがあります。


ソフトボールのピッチャーは本当に特殊ですから、藤原初男氏も初めはピッチャーを育てるのにかなり苦労しました。

しかし、研究に研究を重ね、ピッチング指導に藤原ありと全国に名をとどろかせるまでになりました。

ソフトボール上達練習法研究会を発足した2006年からざっと数えても、小学生から高校生までのピッチャーや指導者を講習会やDVD、メール等で約3,800名は指導してきました。

ピッチングの教えを請うために、平日、休日を問わず藤原初男氏を多くの選手や指導者が訪ねてきました。

そして、藤原理論に触れた選手たちは驚くような成長を見せました。

藤原初男氏が、素人の指導者だったからこそ、本当の初心者の気持ちがわかる指導ができたのです。
だからこそ、


● 初心者の指導者の方
● 初心者の選手の指導で困っている方
● 努力はしているものの、今ひとつ効果が上がらない方
● ソフトボールが大好きで向上心のある方
● 将来、指導者を目指したい方


このような方々に、シンプルでわかりやすい藤原流のピッチング理論をお伝えしたいのです。


ソフトボール ピッチャー育成応援パッケージ

販売価格:29,800円(消費税込)



プロフィール

藤原初男(1951~2010)

藤原初男

※所属は、撮影時点のものです。

元東海学園大学女子ソフトボール部監督
元東海学園高校女子ソフトボール部ピッチングコーチ
1951年宮崎県生まれ。日本体育大学卒業(体操・応援団)
卒業後、教員になり、ハンドボール・バレーボールの指導歴あり。
1979年一宮女子高等学校(現:修文女子高等学校)ソフトボール部の監督に就任。


初心者の指導には定評があり、藤原マジックといわれる。 香川インターハイ初出場をきっかけに全国大会連続出場。 国民体育大会準優勝2回、全国選抜大会3位2回、インターハイベスト16など。

2005年6月 東海学園大学女子ソフトボール部監督就任
2007年8月 西日本大学選手権大会初優勝
愛知県ソフトボール協会副理事長、東海地区大学ソフトボール連盟副会長等を歴任。
2010年6月17日永眠。


全国大学選手権大会優勝を目指していたが、志なかばで帰らぬ人となる。 癌に侵されていたが最期までグランドに立ち続け、ソフトボールをこよなく愛した人。
2006年ソフトボール上達練習法研究会発足以来、藤原氏の指導を受けたチームが全国優勝するなど、指導力には定評あり。特に投手指導に関しては、小学生から中高、一般選手まで親切丁寧でわかりやすい指導法で、藤原理論を実践する指導者・選手は全国にたくさんいる。
ソフトボールの底辺拡大・普及・発展に貢献。
ご遺族の協力のもと、今後は藤原理論DVD教材の収益の一部を「藤原初男ソフトボール基金」として、ソフトボールの普及に活用していく。

教材

■商品番号:S0065(DVD5枚組)

■DISC1:藤原理論「ピッチング 基礎編」[収録時間 28分47秒] 価格 12,800 円(消費税込)
~ピッチングの基本の球種 ストレートを速くする~

■DISC2:藤原理論「ピッチング リリース編」[収録時間 53分57秒] 価格 12,800 円(消費税込)
~各球種のリリースポイントを知ってオリジナルのボールを投げる~

■DISC3:指導者たちはピッチングのここが知りたかった 藤原流質疑応答VOL.1[収録時間 50分29秒] 
価格 9,800 円(消費税込)
~ピッチング基礎 Q&A編~

■DISC4:指導者たちはピッチングのここが知りたかった 藤原流質疑応答VOL.5[収録時間 87分59秒] 価格 12,800 円(消費税込)
~ピッチング基礎「ピッチングのメカニズムを解明 ピッチング動作の理論と練習法」~

■DISC5:特典 インタビューDVD『全国制覇をする投手育成術とコンディショニング』[36分50秒]


通常価格 合計:48,200円

教材内容「超藤原理論 ピッチング基礎編」

ピッチングの基礎の球種 ストレートを速くする

ソフトボールでは、ピッチャーが一番重要なポジションです。
まずはピッチングの理論を指導者が理解していると、自分自身が投げられなくても指導はできます。
従来の理論とは違う藤原流ピッチング理論、それは非常にシンプルで画期的です。

藤原流ピッチング理論の一部を挙げますと…

● ピッチング時の手首の使い方が理解できる!
● 上半身と下半身の使い方がよくわかる!
● 腕の回転が速くなりボールのスピードも増す!
● 蹴り足の使い方がわかり指導しやすい!
● 基本のストレートが投げられるようになる!
● ボールのリリースがわかりコントロールがよくなる!
● 右ピッチャーが投げるインコースのボールが活きてくる!
● この練習法でさらにボールにスピードがつく!
● 指導者のピッチング理論が確立されて、指導に一貫性ができる!


藤原初男氏の技術指導を受けた人は、「目からウロコ」と驚き、納得します。

この藤原流ピッチング理論をマスターしていただき、ご自身で確たる理論をもって、ピッチャーを育てていただきたいと思います。


このDVDはピッチングの基礎編です。

初めてピッチャーを指導する方、どうしてもピッチャーの指導が上手くできない方におすすめです。

子どもたちの能力は無限大です。だからこそ最初が肝心です。一度ついた癖はなかなか修正できません。

また子どもたちの成長も早いので、しっかり基礎を身につけさせてあげることで、グングン加速度的に伸びていきます。

教材内容「指導者たちはここが知りたかった 藤原質疑応答Vol.1」

ピッチング基礎Q&A編

あなたの知りたい「あの質問」を藤原初男氏にズバリ聞きました

当会には、指導者の方や保護者、中学生から一般の選手まで、たくさんの質問や悩み相談が寄せられます。その内容は、初級者レベルから中級~上級まで実に様々です。

当会では、会員様へのサポートの一環として、メールや電話対応のほか、
さらにDVDの内容をしっかりと身につけていただくために、
藤原初男氏の指導が直接受けられる「ソフトボールクリニック」を定期的に開催し、大変ご好評いただきました。しかし、なかなか参加できない多くの会員の方から「これまでの質疑応答の内容をQ&Aとしてまとめてほしい」というご要望がたくさんありました。その中でも、特にピッチングの基礎的な質問が多数寄せられたので、ピッチングの基礎的な質疑応答編を制作しました。

皆様からピッチングの基礎的な質問に関しては、以下のような内容が多く寄せられています。

● コントロールが悪いので、コントロールをつけるにはどうすればいいですか?
● ブラッシングはどう教えたらいいですか?
● ブラッシングする投げ方としない投げ方ではどう違いますか?
● 腕の回転がスムーズではありません。どうしたら直せますか?
● 腕を速く回転させるにはどんな練習法がありますか?
● 蹴り足が体の後方に入ってしまいます。修正するにはどんな方法がありますか?
● ボールが高めにいくので低めに投げるにはどうしたらいいですか?
● リリース時にボールが抜けてしまうので、抜けない方法はありませんか?
● インコースとアウトコースでは腰の使い方がどう違うのですか?
● 腰の回転を速くする方法はありませんか?
● 超初心者には何から教えたらいいですか?


このDVDでは、多くの指導者から寄せられた質問に対して、藤原初男氏に懇切丁寧にお答えいただいています。
これをご覧いただければ、あなたの悩みの8割は解決することでしょう。

藤原流「指導者たちはピッチングのここが知りたかった!ピッチング基礎Q&A編 藤原流質疑応答Vol.1」をご覧になることで、あなたが学ぶことのできる内容の一部は…

Q1:正しい腕の回転と修正法は?
Q2:腕を速く回転させる方法は?
Q3:蹴り足の使い方と修正法は?
Q4:低めに威力のあるストレートを投げるためには?
Q5:ブラッシングする投法としない投法は?
Q6:練習では速いボールが投げられるのに試合になると遅くなるのは?
Q7:コースを投げ分けるための腰の使い方は?
Q8:ジャンピングスローにならない投げ方は?
Q9:ピッチャーを目指す子どもにまず最初に教えることは?


ソフ研会員様の強いご要望により完成した「ピッチング基礎 Q&A編」は指導者の皆さん、ピッチャーを始めた選手の皆さんには心強い味方です。
もしあなたが上記のどれかに該当するのであれば、このQ&Aを日々の練習、指導に是非、お役立てください。
子どもたちの成長時期を大切にしてあげてください。


DVDの内容は撮影当時のルール(2012年の改定前のルール)に沿って撮影しておりますので、リーピング、クローホップの点は、現在のルールに対応しておりません。

教材内容「超藤原理論 ピッチングリリース編」

各球種のリリースポイントを知ってオリジナルのボールを投げる

基礎から次の段階にきているあなたのために。
オリジナルのボールが投げられるようになる!
「なんとかそれなりのフォームで投げてはいるのだが、打たれてしまう」、「ストレートしか投げられないので、コースに投げ分けているだけしかできないので最終的には打たれてしまう」という声をたくさん伺います。

ウインドミル投法の指導やピッチャー本人が悩んでおられる内容には以下のようなものが挙げられます。

● 各球種のボールの握り方やリリースがよくわからない。
● 球速はあるが、ストレートで上下左右に投げ分けるだけでは相手打線につかまってしまう。
● スピードの緩急で打者のタイミングを狂わせたいが、チェンジアップの投げ方がわからない。
● ライズボールとドロップで高低の変化をつけたいが、投げ方がわからない。
● ライズボールが高めにいくので、打者がボールに手を出さないから困っている。
● スライダーとシュートで左右を揺さぶりたいが、投げ方がわからない。

このような相談が寄せられます。

ここまで読んでいただいて、ストレートだけではなく変化球も投げることが出来る方は、ここから先は読まないでくださいね。

さて、ピッチャーとしてのフォームや体力は身についてきた。

しかし、

● ストレートだけでは限界がある、変化球を覚えたい。
● 変化球を練習してはいるけれど、思うように投げることができない。


内容の一部を挙げますと…

● ピッチング時のボールの握りと手首の使い方が理解できる!
● ストレートとチェンジアップの球速の緩急で打者のタイミングをくずすことができる!
● 自分に合ったライズボールの投げ方を身につけることができる!
● ライズボールとドロップの投げわけで、高低の変化をつけることができる!
● スライダーとシュートで左右の幅を広げ、内野ゴロを打たせることができる!
● 指導者のピッチング理論が確立されて、指導に一貫性ができる!


藤原初男氏のピッチング指導を受けた人からは、「ほんのわずかな時間で変化球が投げられるようになった」「ピッチングが楽しくなった」という声が上がっています。

ピッチャーはピッチングが楽しくなります。各球種の投げ方を学んで、自分オリジナルのボールを投げてみましょう。

子どもたちの能力は無限大です。
いろんな球種、投げ方があることを教えてあげてください。
楽しく投げ込みをすることが成長する上で、一番の近道です。

さらに、ピッチングを上達させるために、

教材内容「指導者たちはここが知りたかった 藤原質疑応答Vol.5」

ピッチングのメカニズムを解明 ピッチング動作の理論と練習法

ウインドミルというと腕の回転ばかりに意識がいっていませんか?

ウインドミルというと腕を速く回して投げるという印象があります。
どうしても腕の回転に下半身を合わせてくると考えがちです。

しかし、野球のピッチャーはどうでしょうか?
野球のピッチャーは下半身を作ってから、上半身を使っていませんか?

ソフトボールのピッチャーも野球と同じく、下半身をつくってから上半身を使うのです。


投球を細かく分析していくことによってピッチングがわかる

各パーツの使い方を理解しながら強化します。
そして、各パーツを組み合わせて、ピッチングを完成させます。

教材の内容をご紹介します。


1.ブラッシング

● ブラッシングの位置は個人の腕の長さや太さによっても違う。
● ブラッシングの位置の目安を知る方法でブラッシングの目標ラインを決める。

(1)ブラッシングの位置を確認しながらボールをネットに向かって投げる。
(2)トップの位置からブラッシングまでを行う。
(3)踏み出し足に体重を乗せるのに合わせてブラッシング


2.パワーライン

最大の円を描くには、キャッチャー方向に一直線上に立つ。
● バッターにボールが見えないように練習する。
● 利点は最大の円が描け、バッターにボールが見えないので有利になる。


3.手首の使い方と腕の回旋

● 手首の使い方を覚えるには、まずオーバースローで原理を知る
● まっすぐ手首を使うとボールがすっぽ抜け、小指側が先行するとボールに勢いがつかない。
● 人差し指、中指でボールを押し込む 長くボールに触れる、そしてしっかりボールを押し出せる。
● ボールを押し込むことができたら、ブラッシングをしてさらにリリース時のスピードを速くする。
● 手首の角度は、一瞬指が立つところがある。指が立つからボールを押せる
● ブラッシングをする前に上腕が内旋するとボールを押すことができなくなる。
● 腕の回旋は上腕が外旋、前腕が回外、体側にきたら上腕が内旋してくる、前腕は回外する。
● 腕の回旋は肩甲骨を動かすというより鎖骨の先にある胸鎖関節までを動かす
● リリース時にボールの下、上、横を触ることで様々な球種のボールが投げられる。
● 利点は最大の円が描け、バッターにボールが見えないので有利になる。


4.踏み出し足

● 上肢と下肢を合わせる。
● 踏み出し足はリリースまで内旋して、リリース後は外旋する。
● 内転筋を絞り、外旋で膝を抜く
● 踏み出し足に重心が完全に乗れば体幹はぶれないのでブラッシングがぶれない。


5.蹴り足

● 蹴り足にだけ頼ってはいけない。
● リリースのとき体は横を向いている。その状態のまま軸足で蹴ろうとすると軸足に体重が残る。
● 前に蹴るのではなく踏み出すまたは運ぶ
● 運ぶためには、蹴り足に頼るのではなく上体も使って前に運び、一気に踏み出し足に体重がのる。
● イリガリーピッチをとられないけり足の使い方。


6.上半身と下半身

腕の回転に下半身を合わせてくると考える。
● 腕の回しを優先すると上体だけで投げることになり、体重移動がうまくいかない。
下半身に合った腕のまわしを探す。
● 前軸と後ろ軸があり、前軸にしっかり乗るようにする。
前軸の上方にトップがくるようにする。
● バッターにトップがあるように、ピッチングにもトップがある。
● 低学年への指導の仕方の違い


7.上下のバランス

●上肢と下肢のバランスをとる練習をする。
● 母指球→膝→腰ではなく、腰→膝→母指球の順の力の伝達
● ブラッシングのあとに腰がついてくる。
● 後ろ足を蹴るという動作をすると腰が早く入ってしまう→腰が早く腕が遅くなる。
● 下半身がさきに準備できていると、安定した下半身にあとから腕がついてくる


各パーツの練習をしてから、組み合わせてバランスの良いフォームにする。
これらの各パーツの練習を行い、全体を組み合わせます。
何が一番大事かを考えると、上半身と下半身のバランスです。
バランスをよくすることで、すべてのものが完成します。

対象者によって指導の仕方が変わります。

低学年、中学・高校・一般とそれぞれ筋力的な差があるので指導のポイントが違ってきます。特に、筋力のない低学年性には、踏み出した後すぐに蹴り足の踵を返すように指導します。次に内転筋がつくと、踏み出した足に後ろ足を引き付けるようにと指導します。

何よりも体の構造を知った上で、ピッチングフォームを身につけることが重要です。

体の構造を理解して、合理的な体の使い方を身につけます。
そうすることで、怪我の予防と高いパフォーマンスをあげることにつながります。

このピッチングのメカニズムを1から7の順で、まずソフトボール特有のブラッシングという上肢の動作、腕の回旋動作を、下肢を固定して動きをマスターするドリルを行います。
その後、上肢と下肢を組み合わせ、それぞれの動きがバランスよくかみ合うことで、計り知れないほどの効果を上げるものとなります。

さらに、ピッチャーは自分独自の動作感覚を身につけ、孤独なマウンドで勝負できるピッチャーになることでしょう。

ピッチャーがピッチングのメカニズムを知り、各パーツの練習と全体のバランスを整える練習をすることで、より良いピッチングフォームが完成します。 さらに、そこからピッチャー個人の投球感覚が養われ、計り知れないほどのパフォーマンスアップが期待できます。

これらはDVDの中に詰め込まれている内容のほんの一部です!


DVDの内容は撮影当時のルール(2012年の改定前のルール)に沿って撮影しておりますので、リーピング、クローホップの点は、現在のルールに対応しておりません。

喜びの声をありがとうございます

特にパワーラインの考え方が分かりやすくなった

ソフトボール指導者(一般) I・Y様

今回のビデオは今まで見てきたものがより分かりやすくなったと思いました。特に自分が思ったのはパワーラインの考え方です。ウインドミルでは腕を回すことに意識がいくため、パワーラインの考え方がおろそかになっていたと思いました。
腕が回せるようになってきても、パワーラインをしっかり作れないことが多く、力もしっかり伝わらず、バッターから見られやすいために打たれることが多いことに気づきました。その他の項目についても分かりやすく、しかも大切なことばかりだったと思います。これからの指導に行かしていきたいと思います。
ありがとうございました。


「感覚」として感じていた部分が「理論」となった

ソフトボール指導者(中学生) 匿名希望

これまでいくつかのビデオや書籍を見ながら自分なりに勉強したり、講習会に生徒を参加させながら自分も一緒に投げてみるなどして、ある程度は指導できるようにもなり、また自分でも投げられるようになってはいたのですが、どうしてももう1ランク上の投手を育てられていないという壁に当たっていました。自分が投げた感覚を生徒に伝えるのですが、なかなかうまくいかず、どうすればよいのか迷っていました。
今回のDVDでは1つ1つのパートについて細分化され、具体的に解説してあり、今まで「感覚」として感じていた部分が「理論」として自分の中で消化されつつあるのが分かります。特にブラッシングの部分と上半身と下半身のバランスの部分は早速子供達への指導に活かしたいと思います。これから何度も何度も見直し、この理論を自分のものにしたいと思います。


このビデオはリリースのことがわかりやすい

ソフトボール指導者(一般)  I 様

たくさん、ビデオを見させていただいて感じるのですが、リリースを教えるのが一番難しい。このビデオはそのリリースのことがわかりやすい。選手と一緒に取り組んで、是非修得したいと思っています。これからもよろしくお願いします。


全く白紙の状態からチェックポイントがわかった

小学生指導者・一般 ボッチ様

DVD到着後、直ちに見ました。私自身バッティングピッチャーとなるためと、自分の小5、小6の息子をピッチャーにしなければならず、3人で練習しています。見ては庭先のネットに当てるということをやっています。2m程離れて投げる時は、「いい感じだ」と感じますが、実際の距離になるとその感じがつかめなくなります。又、スポ少の練習でも最初「あれっ、どうだったっけ?」と投げ方を忘れる有り様です。子供達も、自分の投げる姿をビデオで撮って、違う点を自覚させようと工夫していますが、「日が浅いからだろう」と思うことにして、これから頑張ろうと思います。
全くの白紙の状態からチェックポイントがはっきりとわかったので何とかなると楽しみも感じています。
ありがとうございました。


リリースと重心移動、今回も納得させられる内容でした

小学生指導者 親分様

小3の息子がピッチャーをやることになった1年前、ピッチャー経験のない私は困り果てていました。
ネットで調べているうちに、こちらの研究会を知り、ピッチング関連のDVD教材を購入させていただきました。
おかげさまで、この1年間で試合も十分通用するピッチャーへと成長してくれました。4年生としては十分合格点をあげられるレベルになってくれました。
…しかし、人間、欲というものに限りはなく、もっと速い球を…もっと重い球を…もっともっと…そのためには重心移動がかなめだと考えていたところ、今回「リリースと重心移動」について新たな教材が販売され、飛びつくようにすぐ購入させていただきました。やはり今回も納得させられる内容でした。
6年生になった時には全国でも通用できるレベルまで成長させたいと考えています。
これからも良い教材をお願いします


日頃疑問に思っていたところがわかりやすく説明されている

高校生指導者 T.N様

ピッチングは難しくて、バッティングや守備・走塁のように指導てきていません。
重心移動や腰の使い方、ブラッシングなど、日ごろ疑問に思っていたところがわかりやすく説明されているので、すぐに理解することができました。
何度も繰り返し観て、自分でもピッチングしながら選手の指導に役立てています。
とても素晴らしいDVDだと思います。


今まで基本的な練習はしてこなかったので勉強になる

一般 広田郁雄様

今まで基本的な練習はしてこなかったので勉強になります。
52才ですが、再スタートして全日本実年大会ベスト4目指します。


細かいところの説明がとても勉強になった

小学生女子ソフトボール指導者 山本様

思い通りの内容で、視聴してたいへん参考になりました。高校生ですので難しい部分もありますが、教材の中にあるようにやれば次第に上手になるという言葉を信じで頑張らせたいと思います。ありがとうございます。


ブラッシングから上下のバランスまでのピッチング動作が細かく丁寧

一般指導者・選手 T.N様

藤原先生のDVDはいつもとても勉強になっていますが、今回のDVDはさらにわかりやすい説明です。
ブラッシングから上下のバランスまで、一つ一つのピッチング動作をとても細かく丁寧に教えてくれるDVDは他にないと思います。藤原先生はいったいどのようにしてピッチングを分析しているのかそこが知りたくなりました。
軸脚の引きつけの仕方は、筋力によって変わってくるので、人によって指導法が違ってくる…
たくさん学びがあってほんと買って良かったと思っています。何度も見て勉強します。
ありがとうございます。


リリースやフォームまでも球種によって異なる事を根本的な部分から理解できた

選手 チョコボ様

ストレートだけではどうしてもストライクは取れても試合に勝つには不十分であると考え、DVDを購入しました。球種によってボールの握りを変える事は理解していましたが、リリースやフォームまでも球種によって異なる事を根本的な部分から理解でき、日々精進しております。本で理解するよりもやはりDVDのように映像で学ぶ方がより頭に入って分かりやすいです。身体の違い等、投手の特徴によって細かい部分での指導DVDがあると嬉しいです。

追伸

この手紙を最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
こんなにピッチング指導で悩む人が多いとは・・
私自身も驚きました。
しかしこれが現実ならば、やはり何とかしなければならない。
なぜなら子供たちは未来の宝。それを間違った指導や悩みの犠牲にしてはならないと思ったからです。また指導者自身も、間違った知識を得ている犠牲者でもあると感じたからです。

子どもたちの能力は無限大です。だからこそ最初が肝心です。
一度ついた癖はなかなか修正できません。
また子どもたちの成長も早いので、しっかり基礎を身につけさせてあげることで、グングン加速度的に伸びていきます。

それと、正しい基本動作が指導できなくて、初めから悪い癖がついてしまう場合がとても多いです。
こんな不幸がないように、藤原初男氏や私の経験を「単なる経験」で終わらせることなく、指導者の皆さんに是非、活用していただきたいという思いがあります。
藤原初男氏のピッチング理論に触れた人は、「目からウロコ」と驚き、納得します。
この藤原流ピッチング理論をマスターしていただき、ご自身で確たる理論をもって、ピッチャーを育てていただきたいと思います。

日本は、世界でもハイレベルなプレイヤーが多くいる国です。
とりわけ、皆さんもご存じのスタープレイヤーを目にすることが多いでしょう。
しかし彼らに共通していることは何か?
それは「正しいやり方をきちんとマスターしている」ということです。
いいかえれば「正しい指導を受けている」ことと「自分の努力」がうまくバランスをとっているがゆえに、スタープレイヤーの座を獲得できているといえます。

難しく考えずに、「自然の論理で、正しい方法を知ってほしい」
そのための「コツ」をマスターしていただきたい。
たったそれだけで、見違えるほどよくなるピッチングをあなたも体感していただきたいと思います。

それでは本編DVDでお待ちしています。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ご注文前にかならずお読みください
新着おすすめ教材
ソフ研動画配信サービス
ソフ研アイテム
オリジナルグローブの制作はこちらから
ビューモミニ
動体視力トレーニングメガネ ビジョナップ
ソフトボールクリニック活動報告
野球教材
なまえ色紙 あきたま
NPO法人 元気健康活動協会
元気ソフトボールアカデミー
(株)元気クラブステーション会員専用ページログイン

ドリームシトリン女子ソフトボールチーム

無料メルマガ

日本随一のソフトボール上達練習法研究会より、最新の上達法やお得なキャンペーン情報をお届けします。


メニュー

会社案内

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから
クレジットカード支払可能
プロテインウォーター ビーレジェンド
ブレインパワートレーナー
ブレインパワートレーナー
ヘアーリニューキャップ